採血の数値でわかる、肝臓の病気とその治療法

肝臓の病

肝機能の状態を計る上で、ASTやALTといった数値は大切な指標となります。
健康診断や病院で検査では、度々採血検査が行われます。
採血でなぜ身体の不調がわかるかと言うと、血液が各臓器のサインを届ける役目をしているからです。
例えば、肝臓などは特に採血の値を重要視します。
肝臓は自覚症状の出にくい臓器と言われていますが、採血の数値上では、はっきりとその症状を見て取る事が出来るのです。
特に、ASTやALTといった肝臓に関わる酵素の数値が肝機能を計る上で大きなポイントとなります。
ASTとALTは細胞内で作られる酵素で、肝臓に多く含まれると言われています。
肝臓がダメージを受けると、このASTやALTが血液中にも漏れ出します。
そのASTやALTの血中数値が高い場合は、肝細胞が障害を受けている状態だと言われています。

乾燥の病気は慢性的なものが多いですが、急に発症し、短期間で治る疾患もあります。
急性肝炎と呼ばれ、6ヶ月以上にわたって肝機能の数値の異常が続く場合は満足度と呼ばれ、区別されています。
急性肝炎はALTの数値が急に高くなることで、その疾患を発見することが可能です。
肝炎ウィルスによるものが多いですが、実は食べ物や薬剤でも急性肝炎になることがあるのです。
例えば、薬草や成分の不明なサプリメントを飲んでいて上がる事例も最近では多く報告されるようになりました。
お酒や、糖質・脂質の過剰摂取でもないのに、だるさなどの訴えで肝機能の数値を計ると上昇しているというパターンです。
持続することはないので、何週間か入院をしておけば問題ないのですが、知らずにほっておくと重症化する事もあります。
肝臓の疾患はわかりにくいものが多いので、定期的に健康診断など肝臓の数値を把握する事が大切です。

肝臓細胞ガンのリスク

肝臓ガンの原因として挙げられるのが、肝炎ウィルスによるものと、非アルコール性脂肪肝炎です。採血の数値で見る、B型、C型肝炎と非アルコール性脂肪肝炎について知っておきたい情報をまとめました。

Read more


肝機能の数値

脂肪肝やA、B、C型肝炎、また肝硬変などの肝機能異常と言われる疾患。肝臓の疾患は中々その症状が出にくく、判断が難しいものです。その疾患の目安となる数値のボーダーラインがあります。

Read more


ウイルス肝炎とは

B型肝炎やC型肝炎といった肝臓の疾患は誤解される事の多い病気です。様々な治療方があり、治療や症状を抑えたりする方法はいくつかあります。また、それぞれの病気の段階や特徴、数値をよく知ることが大切です。

Read more


肝臓が悪いなら

肝臓は沈黙の臓器と言われ、自覚症状が出る前に数値に気付き予防することが大事です。そして肝機能障害は自覚して適切な治療を行えば治せる病気です。脂肪肝や肝炎、また肝硬変の最新の治療法をまとめました。

Read more